2011年04月13日

本を早く読む方法

英単語 漢字 覚える
資格試験吉岡01.jpg
自分には勉強の才能がないと諦めて、とにかく何年も頑張ろうと決心していた私が、
わずか数カ月で必要な勉強を全て終え、試験に必要な知識を全て身につけてしまった方法がこちら






あなたも↓の中に思い当たるものがあるかもしれませんが、


dimages.jpg

■勉強を始める前に大きく決心しないとできない

■参考書を読むスピードが遅すぎる

■うまく憶えられないと自分の年齢や能力のせいにして、ますます落ち込む

■速読のやり方を覚える時点で挫折をしてしまった

■本を速く読めたとしても内容が頭にほとんど残らない





効果の実感できる勉強法(速読法)さえ実践すれば、

やる気が下がるどころか、モチベーションがどんどん上がっていき、

↓のような結果も、自然と手に入れることができます。


dcimages.jpg

■これまでの10倍以上の速度で読み、理解し、なおかつ記憶力を高めることができる

■難しい参考書をスラスラ読めて、内容がしっかり頭に入るようになる

■丸暗記じゃなくて、重要なポイントがちゃんと頭に入っている

■勉強が楽しくなる

■目指す試験に最短で合格することができる








資格試験吉岡03.jpg

吉岡節夫さんのドクターブレイン速読法は、

他の速読とは違い資格試験に強いと言われています。


その理由が、読書スピードを数倍に早めるだけではなく、

同時に記憶力や理解力もアップさせてしまうからです。



従来のやり方では、右脳のインプット能力をアップさせて、本を読む速度を上げることはできるものの、

内容が記憶として定着するための左脳の働きは今までどおりなので、

短時間ですぐに覚えていられなくなります。



しかし、吉岡さんの方法では、まず左脳を鍛えることによって、右脳もつられて脳力アップしてしまう方法となっていて、

右脳と左脳、両方を同時に活性化させていきます。

資格試験吉岡07.jpg






ちなみに、吉岡さんは20年以上も速読について研究を続けていて、

BRLM高速学習アカデミー学院長を務めているほか、6000人以上に受験指導を行ってきた経験のある、

速読と勉強指導のプロフェッショナルです。


また、日本応用心理学会で「超短期記憶と正解率」という論文発表をするなど、

社会的に認められる実績も残しています。
吉岡さんのその他の実績やプロフィールはこちら

資格試験吉岡02.jpg






ドクターブレイン速読法を身につけるために、具体的にどんなことをしていくのかというと、

ポイントをいくつか紹介すると、

資格試験吉岡10.jpg


■吸収した情報・知識を自在にアウトプットする練習法

■がむしゃらに突き進む前に、知っておくべきこと

■その日に記憶したことを長期的に記憶し続け、知識として次々とストックしていく方法

■無理なく眼力を養うための画期的な練習法



こうした内容となっていて、

吉岡さんのホームページでは、実践した人たちの感想や体験談が紹介されています。

資格試験吉岡09.jpg


手に取るように内容が頭に入ってくるんです!!

これからもっとスキルアップして、英語に磨きをかけていきたいと思っています。

1ヶ月かかって読んだあの450pの参考書が、なんと1日で読み終えることができたんです!




あなたも、時間がかかるばかりで効果が全然出ないやり方を続けて、モチベーションが下がり切ってしまう前に、

今までの数分の一の努力で数倍の結果がでる方法を実践してみませんか??


資格試験吉岡13.jpg




読むスピードと当時に記憶力と理解力を向上させ、資格試験に必要な知識をどんどん吸収するにはこちら









藤井聡 犬のしつけ 検証
石塚あゆみ
藤本憲幸
posted by 吉岡節夫 at 08:06| 読解力を鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。